自動車ニュース

自動車関連ニュースまとめ
自動車ニュース TOP > 2013年04月

Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング クレジット現金化


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【自動車】5期ぶりの黒字、ようやく訪れたマツダの春

マツダが4月26日発表した2013年3月期連結決算は、最終損益が343億円の黒字となった。最終黒字を確保したのは実に5年ぶりのこと。円高是正という追い風を受けたが、これでようやくマツダにも春が訪れた。

2008年11月の社長就任以来、余りいいことがなかった山内孝社長は5期ぶりの黒字について、これまでの出来事を回想するかのようにこう語った。

「私どもが4期連続赤字のなかで、へこたれずにビジネスの構造改革をやってきた成果だと考えています。そして、われわれがやってきたことが間違いなかったということでもあります。大きくはスカイアクティブ技術の開発、それと平行して行ったものづくり革新などの成果だと思います」

マツダといえば、過去30年間、常に為替動向に経営が左右されてきた。円高になれば、赤字に転落。そのたびに住友銀行(現三井住友銀行)やフォードから強力な支援を得て、再建を行ってきた。

しかし、今回はそうした支援も得られず、自ら再建を果たさなければならなかった。と同時に、マツダには地元広島をはじめ中国経済を支えていかなければならないという使命もあり、円高になっても揺るがない経営体質をつくる必要があった。

そこで、あらゆることを抜本的に見直すことにしたわけだ。そして生まれたのがスカイアクティブ技術やものづくり革新だった。スカイアクティブ技術の搭載車は「1ドル=77円、1ユーロ=100円でも、日本から輸出して利益が出る」という。

「(13年3月期)第4四半期を確認してみても、スカイアクティブ車は台数が全体の3割に対して、利益では6割を稼いでいます。ということは、従来の車の3.5倍の利益を上げていることになります」と山内社長。このことは、マツダグループ全体の大きな自信になっているそうだ。


5期ぶりの黒字、ようやく訪れたマツダの春
レスポンス 4月28日(日)14時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130428-00000005-rps-bus_all

スポンサーサイト
[ 2013/04/29 22:52 ] マツダ | TB(-) | CM(0)

【自動車】走行中にテレビ 世界に類を見ない日本の運転習慣 (WSJ)

 【東京】日本の自動車用品チェーン大手オートバックスはカーナビゲーションシステムを販売する際、特別な装置を合わせて購入するよう消費者に勧める。カーナビの画面をテレビ画面に変換する装置だ。これがあれば運転手は走行中に好きな番組を視聴できる。

 都内のある店舗ではカーナビ新商品の一番上に変換装置が置いてあり、その箱には、走行中にテレビが見られナビ操作もできる、と誇らしげに書かれてある。ほかの変換装置の箱にも、テレビに変換する前の「ビフォー」画面と、変換した後の「アフター」画面が表示されている。「アフター」画面は、サッカーの試合が映っているテレビ画像だ。

 日本全国で約550のオートバックス等の店舗を展開するオートバックスセブンの広報担当者、椎野泰成氏は「客のニーズに応えるのはしようがない」と話し、「改造をすすめているわけではなく、選択ができるようになっている。見る見ないは客にゆだねている」と続けた。

 米国では、ミニバンの後部座席でテレビを視聴するのはよくあるが、運転席や助手席ではまれだ。多くの州が、運転手の視界に近い位置にテレビを設置することを禁じているからだ。

 日本の企業は世界中でナビシステムを販売している。しかし日本で現在販売されているモデルだけにテレビ視聴用のチューナーが組み込まれている。チューナーは駐車中であれば自動的に動作するほか、ほとんどの自動車用品店で1500円から3500円程度で販売されているテレビ視聴用の変換キットで一度ロックを外せば走行中の視聴も可能となる。
(以下略)

走行中にテレビ 世界に類を見ない日本の自動車運転習慣
ウォール・ストリート・ジャーナル 4月25日(木)18時16分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130425-00000809-wsj-bus_all

[ 2013/04/27 21:44 ] 自動車関連ニュース | TB(-) | CM(0)

【自動車】スバル、ハイブリッドシステム搭載車を日本初公開

富士重工業は、スバル初のハイブリッドシステム搭載車(日本仕様プロトタイプ)を、4月18日開催した技術発表会で日本初公開した。

スバル初のハイブリッドシステムは3月29日にニューヨーク国際自動車ショーでワールドプレミアしたもの。

ハイブリッド化に伴い搭載するモーター、高電圧バッテリーなどは、スバル独自のシンメトリカルAWDのレイアウトを活かしたまま配置され、ベースとなるガソリン車と同等の低い重心高・優れた重量配分をハイブリッドでも実現している。

また、JC08モード燃費値で20.0km/リットルと燃費の向上も果たしながらも、モーターをアシストとして用いることで、加速感のある走りを実現している。

ハイブリッドシステム搭載車は、日本国内では初夏の発売を予定している。


スバル、ハイブリッドシステム搭載車を日本初公開
レスポンス 4月18日(木)14時13分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130418-00000042-rps-ind

[ 2013/04/20 14:37 ] スバル | TB(-) | CM(0)

【自動車】ヒュンダイとキア、米国で大規模リコール…合計約187万台

韓国ヒュンダイモーターと、その傘下のキアモーターズ。両社が米国において、大規模なリコール(回収・無償修理)を行うことが分かった。

これは4月1日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。ヒュンダイとキア車の合計およそ187万台について、リコールを行うと発表している。

今回のリコールは、ブレーキ系統の不具合によるもの。HNTSAによると、ヒュンダイとキア車には、ブレーキペダルを踏んでも、ブレーキランプが点灯しない車両があるという。

他にも、クルーズコントロール作動中、ブレーキを踏んでも解除できないケース、エンジン始動時のプッシュボタンスイッチの不具合、シフトロック機構の不具合、ESC作動ランプの不具合があり、ヒュンダイとキア車の合計約187万台について、リコールが実施される。

対象となるのは、ヒュンダイが『ソナタ』の2011年モデルや、『エラントラ』の2007‐2010年モデルなど6車種で、およそ125万台。キアが『オプティマ』の2011年モデルや、『スポーテージ』の2007‐2010年モデルなど6車種で、およそ62万台だ。


ヒュンダイとキア、米国で大規模リコール…合計約187万台
レスポンス 4月4日(木)10時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130404-00000017-rps-sci

[ 2013/04/07 23:30 ] 外国メーカー | TB(-) | CM(1)
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり請求!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。