自動車ニュース

自動車関連ニュースまとめ
自動車ニュース TOP > 2013年08月

Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング クレジット現金化


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

軽自動車税の増税は「弱いものいじめ」 スズキ会長 (ロイター)

[東京 29日 ロイター] - スズキ<7269.T>の鈴木修会長は29日、自動車取得税の廃止に伴う代替財源として軽自動車税を増税するとの議論が浮上していることについて、「弱いものいじめと感じる」と語った。

都内で開いた新車発表会で記者の質問に答えた。

鈴木会長は「こういう考え方がまかり通るということになると、残念というより、悲しいという表現が合っている」と述べた。軽自動車の購入者には年収1500万円以上の人はほとんどおらず、比較的、所得の少ない人が生活したり商売したりするために買っていると指摘。軽自動車の部品メーカーの雇用や仕事量にも影響が出る可能性があるとの認識も示した。

消費税の増税については、日本経済全体を考えた時には「やむを得ない」との考えを示した。一方、自動車取得税などが継続されると二重課税となるとし、「車体課税を取り払ってもらいたい」と語った。

スズキは軽自動車「キャリイ」を14年ぶりに全面改良し、9月20日から発売すると発表した


軽自動車税の増税は「弱いものいじめ」=スズキ会長
ロイター 8月29日(木)11時41分配信 最終更新:8月29日(木)16時3分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130829-00000071-reut-bus_all

スポンサーサイト
[ 2013/08/30 10:58 ] スズキ | TB(-) | CM(0)

【自動車】ダイハツ、「ミライース」を一部改良 軽トップの燃費33.4キロ

 ダイハツ工業は19日、主力の軽自動車「ミライース」を一部改良して発売した。ガソリン1リットル当たりの走行可能距離は30キロから33.4キロに向上。スズキの「アルトエコ」(33キロ)を抜いて、軽トップとなった。

 エンジンの燃焼効率の改良や空気抵抗の軽減など技術改善の積み重ねで燃費を向上させた。安全装備も強化し、ダイハツでは「ムーヴ」に続き、前方の障害物を検知して自動的にブレーキをかける衝突回避支援システムを採用。費用は5万円。

 また部品調達を含めたコスト削減で、最低価格のモデルを74万5000円に5万円値下げした。


「ミライース」を一部改良=軽トップの燃費33.4キロ―ダイハツ
時事通信 8月19日(月)17時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130819-00000059-jij-bus_all

[ 2013/08/20 11:33 ] ダイハツ | TB(-) | CM(0)

カローラに初のHV=燃費性能高め、販売てこ入れ―トヨタ

 トヨタ自動車は6日、主力乗用車「カローラ」にハイブリッド車(HV)モデルを追加して販売を開始したと発表した。ガソリン1リットル当たりの走行可能距離は33.0キロと、プリウス(32.6キロ)を上回る水準を実現。燃費性能の高さを武器にカローラの販売のてこ入れを図る考えだ。

 新車販売では、「クラウン」や「レクサスIS」の購入者も約7割がHVを選ぶなど低燃費車の売れ行きが好調。トヨタは昨年5月にカローラを5年7カ月ぶりに全面改良して投入したが、HVモデルがなかったことも響いて販売が伸び悩んでいた。今年上期(1~6月)のカローラの販売台数は4万台余りと、ハイブリッド車の「プリウス」や「アクア」の3割程度にとどまっていた。

 カローラHVの販売価格はセダンタイプの「アクシオ」が192万5000~209万750円(北海道、沖縄県除く)、ワゴンの「フィールダー」が208万5000~234万円(同)。販売目標はアクシオが月1000台、フィールダーが同1500台。
 

カローラに初のHV=燃費性能高め、販売てこ入れ―トヨタ
時事通信 8月6日(火)15時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130806-00000088-jij-bus_all

[ 2013/08/07 11:18 ] トヨタ | TB(-) | CM(0)
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり請求!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。