自動車ニュース

自動車関連ニュースまとめ
自動車ニュース TOP > 2013年11月

Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング クレジット現金化


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【自動車】ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニは11月25日、『ガヤルド』の生産を終了したと発表した。

ガヤルドは2003年にデビュー。2008年3月のジュネーブモーターショー08では、初のマイナーチェンジモデルが登場し、ネーミングを『ガヤルドLP560-4』に変更した。2012年9月のパリモーターショー12では、外装を中心にイメージチェンジした2013年モデルを発表。

11月25日、イタリアのランボルギーニ本社工場では、最終モデルのガヤルドがラインオフ。このガヤルドは、「LP570-4 スパイダーPerformante」と呼ばれる『ガヤルド スパイダー』の軽量高性能モデル。赤いボディカラーの1台をもって、ガヤルドの10年の歴史に幕を下ろした。

ガヤルドの10年間の累計生産台数は、1万4022台。ランボルギーニによると、歴代ランボルギーニ車で最も生産台数が多く、競合スーパーカーの中でも、最も成功したモデルのひとつになるという。同車は、世界45か国以上で販売。

また、1963年の創業以来、ランボルギーニの累計生産台数はおよそ3万台。その約半分を、ガヤルドが占めるというヒット作となった。


ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕
レスポンス 11月26日(火)11時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131126-00000045-rps-bus_all

11月25日、ランボルギーニ ガヤルドの最終モデルがラインオフ
http://amd.c.yimg.jp/amd/20131126-00000045-rps-000-2-view.jpg

スポンサーサイト
[ 2013/11/26 21:49 ] 外国メーカー | TB(-) | CM(0)

1000ccの小型車、米フォードが年明けから日本で発売 (産経)

 フォード・ジャパン・リミテッドは、小型車「フィエスタ」を年明けに日本で発売すると発表した。日本での展開は初。小型車中心の日本市場で、攻勢をかける。

 米国で今年から発売しているモデルで、排気量1000ccの直噴ターボエンジンを搭載。フロントデザインは台形をモチーフとしており、現在、全車種へ導入を進めている。

 価格や燃費性能などの詳細は明らかにしていないが、米国では1万4000~2万1400ドル(138万~211万円)で販売しているという。国内では輸入車全体が装備の充実したタイプの需要があるとしており、価格は米国よりも高くなる見込みだ。

 これまでフォードは、自社単独製品としては大型車の販売が主流で、特に日本では小型車の販売は手がけてこなかった。米国でも小型車のニーズが高まったことが開発の大きな理由だが、フィエスタは、日本市場に適した車種。今年投入した排気量2000ccの「フォーカス」、1600ccの「クーガ」を合わせて、日本での販売拡大を目指す。


1000ccの小型車、米フォードが年明けから日本で発売
産経新聞 11月11日(月)15時47分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131111-00000559-san-bus_all

[ 2013/11/11 22:51 ] 外国メーカー | TB(-) | CM(0)

【自動車】ホンダ「フィット」が2年半ぶり首位 10月車名別販売台数

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が7日発表した10月の車名別販売台数は、ホンダの主力小型車「フィット」が2011年4月以来2年半ぶりに首位となった。2、3位はトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」「アクア」だった。

 フィットは6年ぶりに全面改良し、9月に新型が発売された。HVの燃費性能をガソリン1リットル当たり36.4キロと、プリウス、アクアを上回る世界最高水準にしたことが奏功した。
 

ホンダ「フィット」が首位=2年半ぶり―10月車名別販売
時事通信 11月7日(木)13時3分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131107-00000049-jij-bus_all

[ 2013/11/08 21:43 ] 自動車関連ニュース | TB(-) | CM(0)

三菱自、ルノー・日産と提携拡大 電気自動車を共同開発 (時事)

 三菱自動車と仏ルノー・日産自動車連合は5日、電気自動車(EV)や新興国向け小型車の共同開発で提携すると発表した。日産と三菱自は軽自動車を共同開発しているが、提携関係をルノーに広げ、事業分野も拡大する。三菱自は6日に公表する3カ年の新中期経営計画に盛り込む。

 三菱自は、三菱重工業など三菱グループが保有する優先株(約3800億円)を処理するため、2014年1月にも2000億円規模の公募増資を行う計画。今回のルノー・日産との提携拡大を東南アジアなど新興国での販売強化と並ぶ、事業計画の柱と位置付け、増資の際に投資家の理解を得たい考えだ。
 

ルノー・日産と提携拡大=電気自動車を共同開発―三菱自
時事通信 11月5日(火)20時26分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131105-00000170-jij-bus_all

[ 2013/11/06 22:16 ] 三菱 | TB(-) | CM(0)
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり請求!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。