自動車ニュース

自動車関連ニュースまとめ
自動車ニュース TOP > スポンサー広告> ホンダ > ホンダ、「軽」で巻き返しに懸命 スポーツカー開発再開、若者取り込み狙う

Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング クレジット現金化


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホンダ、「軽」で巻き返しに懸命 スポーツカー開発再開、若者取り込み狙う

ホンダ、「軽」で巻き返しに懸命 スポーツカー開発再開、若者取り込み狙う

J-CASTニュース 9月5日(水)11時32分配信

 ホンダが「軽」自動車市場での巻き返しに、スポーツカーを投入する。同社の伊東孝紳社長が2012年9月2日に開いた鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)の誕生50周年を記念したイベントで、「軽」のスポーツカーを開発していることを明らかにした。

 ホンダは軽自動車の販売を強化、なかでも「N BOX」は売れに売れている。新型スポーツカーを投入し、品揃えを増やすことで若者層などより幅広いユーザーの取り込みを図る。

■「F1撤退」イメージダウンだった

 ホンダは1991~96年に軽自動車の2人乗りスポーツカー「ビート」を発売しており、いまでも中古市場では根強い人気を誇っている。伊東社長はスポーツカーの開発について、「極端に小さく楽しめるスポーツカーを画策している」とし、「軽」として売り出す考えを示した。

 ホンダは2008年のリーマン・ショックに伴う収益悪化で、フォーミュラーワン(F1)レースから撤退。伊東社長は、それがいまなおホンダのブランドイメージに影響しているとみており、「ホンダらしさ」を取り戻すためにも、スポーツカーの開発が不可欠と考えたようだ。

 また、ライバルのトヨタ自動車が12年4月に「86」を、また富士重工業がトヨタと共同開発した「BRZ」(3月)を投入するなど、再びスポーツカーへの注目が集まりつつあることもある。

 ホンダは「技術的な部分を含め、(ビートとは)何から何までがまったく別の、新型スポーツカーをつくることになります」と話している。

 一方でリーマン・ショック後、ホンダは「軽」へ取り組みを加速させている。「軽」は日本の自動車販売台数の約4割を占めている。伊東社長は、軽自動車という枠組みの「限られた規格でどれだけ面白さを出せるかということ。(「軽」でスポーツカーという)市場としても可能性がある」と、意欲をみせた。

■収益性重視、「N BOX」売れる

 全国軽自動車協会連合会が2012年9月3日に発表した8月の軽自動車の新車販売台数によると、ダイハツが45004台とトップ。スズキは43742台、ホンダは23073台だった。

 1~8月の累計でも、「ミラ」が売れたダイハツが48万9873台。スズキは41万2297台、ホンダは21万3730台で続いた。ダイハツもスズキも前年同期に比べて約1.4倍と伸ばしているが、ホンダはそれを上回る2.6倍増と、「2強」を猛追している。

 ホンダが急伸している「原動力」は、11年11月に発売した「N BOX」だ。その名のとおり「ワンボックス」タイプだが、「軽」としては広い室内空間やスライド式のドアなど、「軽らしくない」ことが幅広い層の支持につながっている。

 ホンダはリーマン・ショック後、収益性重視の車種を投入。「N BOX」は利益が薄いとされる「軽」にあって、最下位となるグレードでも124万円と高額車種の一つで、小型車のフィット(スタンダードタイプ)と価格を比べてもほとんど変わらない。

 7月には派生車種の「N BOX+(プラス)」を発売。月間の目標販売台数3000台に対し、7月は約4000台を売った。「N BOX」シリーズ全体では2万1837台。1~7月の累計は12万5678台だった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120905-00000000-jct-bus_all





2012/9/5(水) 11:41
それにしても、最近の軽自動車は高い。

税金面では安いけど、それでも新車購入時、込み込み150万円オーバーは、やっぱり高い。



でも、スポーツカー開発は賛成

若者の取り込みも結構だけど、運転したくなるような楽しい車を作ってほしい。



2012/9/5(水) 12:06
ホンダは今や、コンパクト、ミニバン、軽のメーカーになってしまった。

スポーティーなイメージはないな。

まあ別に悪いとは言わないが。



2012/9/5(水) 12:35
軽のスポーツはいいと思うが、ホンダはもう軽とミニバンとフィットしか作らんのか??

ホンダらしさは何もNSXやRのような車ばかりを指すものではないと思うが、今のラインナップを寂しいと思うホンダ乗りは多いと思うよ。



2012/9/5(水) 12:10
軽自動車に限らず、車が軽いという事はそれだけ慣性質量が少ないという事。

慣性質量が少なければ加速も減速もコーナリングも有利。そして少ない資源

お金で車が作れる。

普通車に比べれば劣るとはいえ、設計技術やエアバッグ類の発展で衝突安全性も

改善されてきました。比較的少ない予算で楽しめる軽スポーツやスイフトなどの

コンパクトスポーツカーは見直されても良いと思ってます。



2012/9/5(水) 12:38
クラスレスの軽自動車は上がいないからどんどん豪華になってるよ

あんまり調子に乗ってると税金上げられちゃうぞ



2012/9/5(水) 11:37
株式会社フィット


2012/9/5(水) 13:08
ミニバン屋、と揶揄されるようじゃぁ、宗一郎さんも浮かばれねぇよな。



まぁ、軽だのスポー”ティー”カーだの言う前に、若い奴が「安心して」車を買える環境にする方が先じゃね?

もっとも、ホンダ1社でどうこうできる問題じゃないかもしれんが、旗振り役くらいはできるだろ



あと、総額50万以内の安クルマが必要だわな。

若い奴の収入が昭和50年代後半並に落ち込んでいるんだから、その頃のラインナップにヒントあると思うがな

スズキのマイティボーイとか初代アルトとか、ダイハツシャレードとか。



2012/9/5(水) 13:17
>ミニバン屋、と揶揄されるようじゃぁ、宗一郎さんも浮かばれねぇよな。



↑ 天国からスパナが飛んでくる



2012/9/5(水) 12:37
軽スポーツを売り出したところで、会社全体のイメージは変わらんよ。



ダイハツがコペンを売ったり

スズキがカプチーノを売っても

会社全体としてスポーツカーのイメージは全くない。



F1に再参戦するか

GTで活躍してるHSVの市販化が望ましい。



2012/9/5(水) 12:55
若者を取り込むって・・・

コペン持ってたが、あくまでセカンドカーとしてだった。

一台しか持てないであろう若い連中が、居住性の悪いクーペやらオープンの軽を買うとは思えないが・・。



2012/9/5(水) 12:59
まぁエコカーにはもうおなかイッパイなのは確かです。

「車の魅力」ってものをもう一回考えてほしいもんです。



2012/9/5(水) 12:53
国際競争力を付けるという美名の元、大企業様の言いなりのままに、日本国内の購買層を破壊してきた結果だろ



車を購入も、維持も出来ない人間が増えただけ。

デフレを続ける政策しかしないのに、ローンすら組めないよ。



経済的に成功している方々が、二台でも三台でも買えば良い。



2012/9/5(水) 12:39
小型車より高い軽自動車って意味わからん。

軽自動車を買うなら、デミオとかを買ったほうがマシさ。



ホンダは軽とミニバンのつまらないメーカーへ。サヨウナラ…



2012/9/5(水) 12:56
HONDAは魅力のある車が作れなくなった…


2012/9/5(水) 11:45
ホンダの軽路線化でとばっちりを食った八千代工業はかわいそうだ


2012/9/5(水) 11:44
軽自動車は売れたが、登録車で日産にぬかれて3位になった。

たこ足になってないか?



2012/9/5(水) 13:19
軽自動車が高すぎる。

特にホン



2012/9/5(水) 13:22
今のホンダ車に欲しい車はありません。



[ 2012/09/06 10:30 ] ホンダ | TB(-) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり請求!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。