自動車ニュース

自動車関連ニュースまとめ
自動車ニュース TOP > スポンサー広告> マツダ > 【自動車】マツダ「アテンザ」 なぜ今MTを設定したのか?

Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング クレジット現金化


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【自動車】マツダ「アテンザ」 なぜ今MTを設定したのか?

2012年11月、マツダが販売を開始した新型『アテンザ』。3月3日現在での受注台数は当初の予定を大幅に上回る1万2000台超と、上々の立ち上がりを見せている。

同社の新世代技術”SKYACTIV TECHNOLOGY”をフルに採用した新世界戦略車である新型アテンザはどのようにして生まれたのか。それを明らかにするため、アテンザ開発陣に「10の質問」を行った。

Q. なぜ今MTを設定したのか?
A. MTの楽しさを実感してもらいたかったから。また、MTを無くしてしまえばいずれ弱体化したメーカーになると考えたから。

今やスポーツドライビングはDCT、DSGなどの2ペダルMTが主流だ。にも関わらず、アテンザはATとMTを用意している。しかもMTは完全新設計のSKYACTIV-MTである。トレンドと逆行していると見ることもできるこの設定について、まず聞きたいのは社内ではどんな議論が行なわれていたか、ということだ。当然、導入には賛否があったことは想像に難くない。新型アテンザ開発主査の梶山浩氏に聞いた。


◆「MTを無くしてしまえば、いずれ弱体化したメーカーになる」

「ファイナンスの担当部署からは『そんなことやってて儲かるのか?』と言われましたよ。『それは儲かる訳ないでしょう』とハッキリ答えました。何しろ、今は免許取得者の8~9割はAT限定なんですから。他の自動車メーカーはどんどんMTを設定から外している状況ですし。『だからといってMTを無くしてしまえば、いずれウチは弱体化したメーカーになりますよ。いいんですか?』と言って説得したんです」

メーカーが弱体化する、というのは具体的にはどういうことなのだろうか。トランスミッションという伝達装置は、クルマの開発にとってどういう存在なのか。
(以下略)

【アテンザ開発者への10の質問】Q.4 なぜ今MTを設定したのか?
レスポンス 3月21日(木)9時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130321-00000018-rps-ind





2013/3/21(木) 9:19
MTしか乗りたくない人は結構いる


2013/3/21(木) 9:13
技術者の勝利。


2013/3/21(木) 9:04
『Zoom-Zoom!』マツ


2013/3/21(木) 9:22
全くmtがなくなること

悲しいことだよ



2013/3/21(木) 9:37
はじめてATを運転した時に思ったこと。

「うわ! アクセル踏んでないのに動きだした!」



2013/3/21(木) 9:37
MTしか乗れない高齢者は意外と多いんだよな・・・・

ATのクリープがどうしてもダメらしいぞ。



2013/3/21(木) 9:31
MTしか乗れないお年寄りも意外と多い…


2013/3/21(木) 9:32
>MTしか乗りたくない人は結構いる。



個人所有として20年以上MT車しか購入してこなかった理由は、スポーツドライビングが好きなことです。気持ちとしてはどちらでも良くなってきてますが…



最近やっかいなことに、AT車に乗ると眠くなる確率が非常に高いことです



2013/3/21(木) 9:30
現在のMTは、高価格のオッサン仕様なのが残念。



[ 2013/03/21 09:59 ] マツダ | TB(-) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり請求!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。