自動車ニュース

自動車関連ニュースまとめ
自動車ニュース TOP > スポンサー広告> 日産 > 【自動車】日産「インフィニティ」がラグジュアリーカーなった秘訣 (中央日報)

Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング クレジット現金化


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【自動車】日産「インフィニティ」がラグジュアリーカーなった秘訣 (中央日報)

【自動車】日産、後発のインフィニティがラグジュアリーカーとして定着した秘訣 [11/05/25]
1 :依頼89-240@備餡子φ ★:2011/05/30(月) 01:24:01.06 ID:???
日産の高級ブランド「インフィニティ」は成功したラグジュアリーブランドに挙げられる。メルセデスベンツ・BMWなど従来の高級ブランドが掌握する市場に後発走者として参入し、差別化したラグジュアリーブランドとして定着した。

インフィニティの成功の裏には日産自動車常務執行役員チーフクリエイティブオフィサーの中村史郎氏がいる。中村氏は日産とインフィニティの自動車デザインを総括し、顧客が車の購買を考慮する瞬間からアフターサービスまで「目に見えるすべてのもの」の責任を負う。

最近、訪韓した中村氏に会った。インフィニティはラグジュアリー自動車業界では後発走者だ。メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、キャデラックなど欧米のラグジュアリーブランドがすでに市場を占領している状況で参入した。

1980年代、日本の3大自動車企業は中低価格イメージから抜け出すために最高級自動車ブランドを別に運営する戦略を選択した。ホンダからアキュラ(86年)、トヨタからレクサス(89年)、日産からインフィニティ(89年)が順に米国市場で登場した。

--インフィニティはどのように誕生したのか。

「‘高性能ラグジュアリー車’を目標として89年に米国でスタートした。序盤は遅々として進まなかった。ブランド戦略が明確でなかったうえ、90年代の日産の財政悪化が重なったからだ。日産より高い価格、革シート程度でラグジュアリーになると勘違いしていたようだ。ラグジュアリーは価格ではないのだが」


▽ソース:中央日報 (2011/05/25)
http://japanese.joins.com/article/242/140242.html
▽画像 ソース:Autoblog
http://www.blogcdn.com/www.autoblog.com/media/2009/03/02-infiniti-essence-press.jpg


--ではラグジュアリーとは何か。

「ラグジュアリーは経験だ。購買と所有の全過程で運転手に価値のある経験が自動車それ自体よりも重要だ。哲学とストーリーがあってこそ強いブランドを作ることができる」

中村氏は99年に日産に合流した。同年ルノーが日産を引き受けた後に就任したカルロス・ゴーン会長が「日産再建計画」を推進し、中村氏をデザイン総括責任者として迎えたのだ。

--後発走者の限界をどう乗り越えてきたのか。

「インフィニティは日本車の中でも高級ブランド市場に遅く参入した。しかしこれがむしろ薬になった。後発走者、すなわち挑戦者だったため、より創意的になることができた。初期のインフィニティは米国消費者が『化粧品会社?』と言うほど認知度が低かった。自動車はアジアの発明品ではない。率直にいうと、その間、日本と韓国の自動車企業は西洋の自動車を真似るレベルだった。私の悩みは『西洋が作っておいた世界でどうすればインフィニティのアイデンティティーを持つことができるか』だった。私はその解答を日本文化から見いだした。顧客にできる限りの配慮をする日本特有のサービス精神」。

インフィニティは自動車業界トップ企業を研究する代わりに、フェデックス、フォーシーズンズホテル、ノードストロームデパートなど各業界をリードする企業をベンチマークの対象とした。今ではよく見られるが、20余年前にインフィニティが導入したレセプションデスクと顧客サービス空間は本当のラグジュアリーを代弁した。インフィニティはデザインで「日本らしさ」を隠さなかった。むしろ日本的要素を積極的に反映した。冷たくて機械的な西洋ブランドとは違い、安らかさ、心地よさを差別化のポイントにしたという。

--日本の特色をどう反映したのか。

「日本スタイルを自動車にそのまま導入すると馴染まないものになる。車は基本的に西洋に根を置くものだからだ。伝統文化からアイデアを持ってくる時は、その感性と哲学からインスピレーションを得る。文化は模様ではない。それを現代的に変換できなければならない。従来の自動車と‘自然な形で異なる’のが核心だ」

先月ソウルモーターショーに登場したコンセプトカー「エッセンス」の側面通風部はきものを着る時に使う‘かんざし’という髪飾りから、インテリアの革は日本伝統漆器からインスピレーションを受けてデザインしたという。インフィニティMシリーズのインテリアは伝統茶室からアイデアを借用した。

中村氏は日本の伝統美を現代的に解釈した例として「ボックスカー」元祖の日産「キューブ」を挙げた。四角い箱型の「キューブ」は豊かな室内空間を打ち出してベストセラーになった。日産のスポーツカー「GT-R」は日本アニメ「ガンダム」がヒントになった。

「躍動的というよりは静寂なコンセプトが日本スタイルだ。キューブの横・縦の直線軸は畳や軒の線を連想させる。韓国の流線型とは違い日本の軒は直線だ。日本人は直線や角に落ち着きを感じる。欧米では馴染まない形だが、日本ブランドのアイデンティティーをうまく表している」


(中略)

--韓国のデザイナーを評価してほしい。

「情緒が豊かで、ダイナミックな感覚が発達している。 日本のデザイナーは静的でディテールに強い。 各国デザイナーが持つ異なる才能を適切に調和させて作品を作りだすのが日産デザインの強みだ」

--良いデザインとは。

「人々を楽しくさせ、生活を便利にするデザインだ。 同時に会社に収益をもたらさなければいけない。 どんなにデザインが良くても、自動車が売れなければ社会問題にもつながる。 協力会社が雇用を失うからだ。 デザインとはそういうものだ。 私にとって自動車は美しく魅力的で環境的という点の商品ではなく、計画したからには必ず売らなければいけない製品だ。 デザインは必ずビジネスとのバランスが取れなければならない」

--効率性とスタイルが衝突する場合の解決法は。

「2つはいつも衝突する。 デザインとは、その間で最上の均衡と最適化された解決策を見いだすことだ」

--今後、自動車デザイナーが直面することになる挑戦は。

「環境、原油高のような課題はいくらでも技術で克服できる。 最も難しいのはブランドのアイデンティティーを確立することだ。 ブランドがたくさん生まれ、市場のプレーヤーが増えている。 中国・インド・ロシアの自動車企業が本格的に市場に参入している。 こういう過密な環境でどう生き残るかはデザイナーにかかっている」

--韓国車のデザインをどう見るか。

「日本企業と同じレベルで競争している。 デザインやパフォーマンスなど製品の側面では世界最高レベルに来ている。 ただ、ラグジュアリー分野ではブランドを構築してブランド経験を積んでいく必要がある」

--若いデザイナーに助言してほしい。

「人に対して、社会と文化に対して、何でも好奇心を持ってほしい。 自分と違う人、違う社会に対して心を開き、共感する能力を育てなければいけない。 人を知らなければ、自動車も上辺だけのデザインに終わってしまう」

中村史郎氏は幼い頃から自動車のデザイナーが夢だったという。 ほかの男の子と同じように自動車や列車が好きだったが、持って遊ぶよりも描くことを好んだという。 武蔵野美術大学で産業デザインを専攻し、自動車デザインの世界的名門である米国カリフォルニア・パソデナのアートセンターデザイン大学に留学した。 GMデザインスタジオで勤務し、いすゞの欧州・米国デザインチーム長を務め、英語が流暢だ。

--中村氏の‘ドリームカー’とは。

「自分のための車。 30年以上、車をデザインしてきたが、自分のための車を考えてみたことはない。 いつも頭の中にはブランド、顧客、会社の考えでいっぱいだった。 引退後は自分のための車をつくりたい。 非常に単純に」




4 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 01:26:01.76 ID:Zx/wlv8q
アメリカ人は好きだろうな。


6 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 01:26:49.67 ID:dgEJLrXc
中村、まだ居たのか


7 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 01:27:55.60 ID:q5uGsNZ6
レクサスより好み
カッコいい


10 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 01:35:34.30 ID:OAR++DA+
言ってることはわからないでもないが
キムチ悪さで全部台無し


11 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 01:35:47.12 ID:objg0O3H
デザインがいいからでは?
正直、乗り心地とかよくわからんし。


12 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 01:36:54.90 ID:L6fDG0XD










中央日報











13 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 01:39:37.74 ID:Mkas5TVm
日産はパフォーマンスを落としたがデザインでカバーした。
デザインでブランド力を構築できる所以。
トヨタは信頼性がブランドだが、デザインに集中投資するべき時点に来てる。


15 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 01:51:29.91 ID:iKlc17un
デザインで売上を維持するってのは無理だと思うよ
服のブランド見てたら解るもん
はやりすたりが激しい
その割に頻繁に買い替えられない


18 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 01:59:38.53 ID:z5V8w2ZG
>>13
アメリカではインフィニティGはBWM3のライバルとして
このクラスでパフォーマンスのトップ争いをしてますよ

>>15
インフィニティがデザインで勝負してる、というより
レクサスやアキュラがひどすぎるんだと思う。


16 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 01:57:10.26 ID:11YjcjEr
初代セルシオもそうだったけど、初代Q45は圧倒的な品質だったな
塗装なんか凄くぶ厚くて高品質だったし、室内のモケットの毛の長さなんかも
今の車と比べても長くて贅沢な部品使ってた、それも結局J・フェリーまで
だったんだけど、あのバブルの頃の国産車の品質は、もうセンチュリーぐらい
にしか残されて無いのが悲し過ぎる・・レクサスは頑張ってはいるけど、駄目だ


17 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 01:57:29.60 ID:aq2NLTpu
例え表向きだけでもこれだけ開発者が熱く語る四輪が羨ましい
二輪メーカーだとコストカットの話ばかりだ


21 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 02:08:31.20 ID:IEjcc3kl
インフィニティーってまだあるんだ


22 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 02:13:45.95 ID:iKlc17un
あるにはあるよ
数年前に逆輸入車一度走ってるの見た事有る
走ってる姿が完璧にアメ車だった
レクサスはアメリカでも違和感無いんだろうけど、
日本の道でも違和感無いね


24 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 02:18:27.56 ID:T5EPSwai
日本では日産お得意の軽で高級ブランドを展開すればいいじゃんか
あっ全部OEMだけど


25 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 02:20:18.58 ID:RT29wXOc
こいつの所為で日産のデザインが腐ったのに・・・・・・


26 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 02:21:40.27 ID:q3eT4Vuc
j・フェリーは今見れば神の領域。


32 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 02:57:05.63 ID:q5uGsNZ6
レクサスもなぁ
SCの路線で進んでたらデザインでインフィニティに対抗できたのに
どこで道間違えた・・・


36 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 03:33:23.04 ID:WDUZiclW
インフィニティは海外では好調らしいな


37 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 03:40:46.59 ID:YhrE+sSR
BMWはこれ、ポルシェはこれっていうように一目でわかる車種を核に持って、
それを中心に展開するしかないと思う。Zはそれに近いのかもしれんけど。
そうなるとデザイナーとしては面白みがないから、この人は毎回
変えたがるんじゃないの。


38 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 03:44:50.98 ID:4U1dRMna
インフィニティは韓国ドラマで良く見る


43 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 06:30:49.80 ID:y7BCENbM
インフィニティって、レクサスみたいなもんだったのか!

米で、古くてそんな高そうじゃ無いのしか見たこと無いからしらんかったわ。

アレ、高級路線(イメージ)だったのか!


46 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 09:46:04.50 ID:NgW3ooug
>>43
レクサスの先行は変わらんけど、人気あるよ


45 :名刺は切らしておりまして:2011/05/30(月) 08:25:29.14 ID:+5/lGbi5
日本ではやらんのか


[ 2011/05/30 12:19 ] 日産 | TB(-) | CM(-)
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり請求!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。